読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

memomemomemo

好きなことメモ

20150629和田・小澤・廣瀬アメスタ

おもしろかったところメモ
言い回しとかはニュアンスです

  • ひとりのしっかり者とふたりのポンコツ
    和田「おれがひとりのしっかり者ってこと?」
    廣瀬「でもわかんないっすよまだ」
    和田「いやいやいやwwwwww」
    小澤「…(しっかり者は)ぼくです」
    和田「…ねえ馬鹿なの?れんは自分のことをしっかり者だと思ってるの?」
    小澤「はい」
    和田「…ねえ、馬鹿なの!?」
    廣瀬「おれはちなみにポンコツっす」
    和田「…そうだよね!自覚あるもんね!」
    小澤「あってます!正解です、…(和田くんに)自覚ないんすか?」
    和田「ないよ!!ポンコツじゃないもん!!」
  • 舞台には女性キャストもいる話
    和田「スポーツやってる男子って女子マネージャーがいてタオルくれたりとか、がんばってくださいってちょっとしたお菓子みたいなのとかさ、憧れるじゃん!がんばれるでしょ!?それが現実になるかもしれないんだよ!この一ヶ月間!」
    小澤「…はちみつレモン!」
    和田・廣瀬「????」
    小澤「はちみつレモン!!」
    廣瀬「あのレモン輪切りにしてはちみつつけるやつ?あれいいよねえ~」
    和田(困惑のあまり言葉が出ない)
  • 廣瀬くんの意味不明な話
    廣瀬「原作に忠実に書かれた台本じゃないですか、それってぼくたちも自分のキャラクターの進め方としては…アニメも漫画も、ためになりそうですよね」
    和田「ごめんなさい言ってる意味が全然わからない」
    コメント「ふむふむ」
    和田「ふむふむってきてるけど本当にふむふむなのか!?本当にきみはわかってるのか!?」
    廣瀬「ぼくのファンは優しい…」
    和田「そんなに甘やかすなよ!!!!」
    廣瀬「本当に言いたいことをわかってくれる、みんな頭いいんですよ」
  • オーディションで素を出したら沢村に似てるということで採用された小澤くんの話
    和田「素の小澤廉と沢村栄純の性格が似てると、そこが選考基準にぴったりだったと!すごいじゃん!才能だよ!それはお前親に感謝だな!お父さんとお母さんにここでちょっと言え!」
    小澤「えー、お父さん、離婚してどこにいるかわからないけど…」
    和田・廣瀬「wwwwwwwwwwww」
    廣瀬「それは今のはたくまちゃんが悪いよ!」
    和田「これは失礼しました!小澤廉さんファンの方々、失礼しました!わたくしのせいでした!!」
  • 和田くんと小澤くんのグラスがどっちがどっちかわからなくなり
    和田「どっち?こっち?」
    小澤「2回目の乾杯は、こっち」
    廣瀬「じゃあ3つでシャッフルしよう」
    和田「なんでだよ!」
    小澤・廣瀬「テッテテレッテテッテッテッテッテ~♪(シャッフル中)」
    和田「なんでなんで?まって何でシャッフルする必要があるの??」
    廣瀬「じゃあおれこれ!」
    小澤「じゃあこれたくまくんに」
    和田「選べないんですねおれは、なんで俺だけ選べないの?」
    廣瀬「はいじゃあ2回目の乾杯~」
  • 小澤くんのことをなんて呼ぶか
    和田「(コメント見て)れんれんが多いよ、れんれん~?パンダみたいじゃん!」
    小澤「誰がパンダじゃ」
    廣瀬「れんれんれんにしよう」
    和田「あえて増やしてみる!?いいじゃん!アダ名なのにあえて増やすという」
    廣瀬「れんれんゲームみたいの出来そうじゃない?ひとりずつれんを増やしていく」
    和田「いいよ」
    廣瀬「やります?」
    3人「れんれんゲーム!イエーイ!」
    和田「れんれん」パンパン(手拍子)
    小澤「れんれんれん」パンパン
    廣瀬「れんれんれんれん」パンパン
    和田「れんれんれんれんれん」パンパン
    小澤「れんれんれんれんれんれん」パンパン
    廣瀬「れんれんれんれんれんれんれん」パンパン
    和田「れんれんれんれんれんれんれんれん」パンパン
    小澤「えっわかんない、れんれんれんれんれんれんれんれん」
    和田・廣瀬「…アウト~~!!」
    廣瀬「いっこ足りなかった」
    なんだこれ…
  • 視聴者からコメントで質問を募る
    廣瀬「好きな魚だって!あっ好きな色だ」
    和田「どこをどうやったらこれを魚って読むんだよ!?」
    廣瀬「魚に見えた…w じゃあ好きな魚でいいや!」
    和田「おれはタコ」
    小澤「…8本ありますもんね足が」
    和田「えっ知らないのきみたち!?よく栄養ドリンクとかにタウリン何ミリグラム配合とかって」
    小澤「だいたい1000ミリすね」
    和田「疲れたときにあれを飲むってことは体に必要な栄養素なわけですよタウリンって、じゃあこの自然界にひそむ生物のなかで一体我々は何を摂取すればタウリンをもっとも体に吸収できるかって、わたし調べたんですよ!…タコだった!」
    小澤・廣瀬「え~~~~!」
    和田「タウリンを持ってるのはタコだ!!タコを食べまくれ!!」
  • 廣瀬くんの好きな魚
    廣瀬「おれはふつうですよ、中トロ」
    小澤「もう魚じゃないす、部位になっちゃった」
    和田「確かにw」
    廣瀬「タコはどうですか?」
    和田「魚だろタコは!!」
    小澤「タコはギリギリオッケーです」
    和田「オッケーでしょ?(小澤くんさして)カジキマグロじゃん、(自分さして)タコじゃん、(廣瀬くんさして)中トロだよ!?ネタじゃん!ただの寿司のネタ!すしざんまいでも行って来い!」
    廣瀬「いくいく~」
    和田「ふつうに返されちゃった…」